墓地選びのポイントとは

お墓については必要になったら考えるという人が多く、普段から積極的にお墓の情報収集をしている人は少ないのが現状です。しかし、いずれお墓を購入しなくてはならない場合は、公営墓地の募集状況や民間墓地の費用の相場などに、日ごろから気をつけておきたいものです。葬儀やお墓関係の記事、広告、インターネットなどを利用して、できるだけ幅広い情報を集めるように心がけておくことが大切です。集めた情報から、数ヶ所の墓地に絞り、建墓費用や立地条件などについて比較し、検討していくことになります。墓地の広さは通常『間口×奥行き』で表示されます。奥行きは、間口の1~1.5倍というのが標準的な比率です。公営の場合は4㎡が標準的な広さとなります。民間では、1㎡~3㎡が多いですが、最近は1㎡未満の小さな区間も増えてきています。

都市に近いほど狭く、郊外に行くほど区画が大きくなる傾向があります。民間の場合は、広告において墓地の価格をアピールしているものが目立ちます。安さにひかれて現地に行ってみたところが、想像以上に狭い場合もあります。価格を比較するときは、1㎡あたりに換算するなど、区画の広さと価格を対応させて検討することが重要になります。墓石は日が当たると紫外線によって劣化が早く進みます。墓石のことだけを考えると、日陰にあったほうがよいといえます。しかし、劣化するといっても材質のよい石材なら、さほど心配する必要はありません。むしろ日当たりの良いお墓は、それだけで明るいイメージがあり、気持ちよくお墓参りができるので、人気が高くなっています。また、墓地を選ぶときには、経営状態もよく調べておくことが大事です。新しく開設されたところは、墓地の許可番号を含めてよく調べておく必要があります。現地を見に行った際に、すでにお墓を購入されていてお参りに来ている人がいれば、不都合はないかなどの話を聞いてみるのも有効な方法です。さらに、立地条件も重要なポイントです。お墓は建てるだけではなく、お参りして供養することが何より大事なことです。

お墓を購入したものの、あまりに遠方では気軽にお墓参りというわけにはいかなくなってしまいます。いくら価格が安く自然に恵まれたところにあるとしても、実際にお墓参りに行きやすい場所かどうかをよく考えておく必要があります。また、近くであっても、急な石段や坂道がある場合には高齢になったときにお参りするのが大変になりますので、先々のことまで考えて購入することが大切です。

当サイトは、条件別に霊園を選べるようになっております。 うちの会社は墓地の開発もやっていますがターゲット層は、もうすぐ必要のある老年者の人々中心で事業をやっています。 当社の強みとは、長年にわたり培われてきた技術に基づく厚い信頼とアフターサービスを充実させている事です。 横須賀線沿いの墓地は神奈川に住むお客様が主に選ばれます。 被災地墓石義援金キャンペーンを実施しております。 地域で墓地を探している方は美郷石材へ。

0 Comments