remove_action('wp_head', 'feed_links', 2); remove_action('wp_head', 'feed_links_extra', 3); remove_action('wp_head', 'rsd_link'); remove_action('wp_head', 'wlwmanifest_link'); remove_action('wp_head', 'adjacent_posts_rel_link_wp_head'); remove_action('wp_head', 'wp_generator'); remove_action('wp_head', 'rel_canonical'); remove_action('wp_head', 'index_rel_link'); remove_action('wp_head', 'parent_post_rel_link', 10, 0); remove_action('wp_head', 'start_post_rel_link', 10, 0); remove_action('wp_head', 'wp_shortlink_wp_head'); remove_action('wp_head', 'wp_oembed_add_discovery_links'); remove_action('wp_head', 'rest_output_link_wp_head'); 『墓地』と『納骨堂』の違い - 墓地のマナーリスト 『墓地』と『納骨堂』の違い - 墓地のマナーリスト

『墓地』と『納骨堂』の違い

お墓は亡くなった方が安らかに眠ることが出来るように、また、その家族が故人を供養して日々無事であることを感謝するために必ず必要となるものです。そのため、多くの人が人生に一度はお墓探しをします。お墓は高額なものとなりますので、色々と情報収集をしたり、時には実際に現地を訪ねてみたりして、自分とその家族が後悔のしないようなものを購入しようとします。しかし、昨今大都市ではこのお墓探しが困難なものとなっています。大都市ではお墓の絶対数が不足をしており、お墓の土地不足が深刻化をしているのです。この大きな問題を解決する手段として、現在脚光を浴びているのが『納骨堂』です。通常の墓地と納骨堂の違いとしては、通常の『墓地』は遺骨や遺体を土の中に埋葬をする場所なのに対して、『納骨堂』は遺骨を一つの建物の中に保管をする場所となります。

多くの人は納骨堂を埋葬をするまで一時的に遺骨を保管しておく場所として判断をしているようですが、大都市ではお墓の土地不足という問題を背景として、納骨堂をお墓代わりとして納骨をするというケースが増えているのです。墓地に関する法律である墓埋法では墓地以外への遺骨の埋葬を禁止していますが、納骨堂は土の中に遺骨を埋葬するようなものでありませんので、法律的にも何ら問題はありません。ただし、都道府県知事の認可を取る必要性はあります。また、お墓を取得するときには、永代使用料や永代供養料や管理費、そして墓石の費用及び工事費用などが発生をしてしまい、高額なものとなりますが、納骨堂であれば、使用料や管理料などのみの支払で済みますので、墓地と比較をすると通常は安価なものとなります。一般的には『納骨堂』には使用できる期間が設定をされていることが多くなりますので、契約期間が満了をした場合、その後も使用を継続したいのであれば、契約の更新をして再度使用料・管理料などの支払いを実施することとなります。ただし、昨今では永代使用権や永代供養がついている『納骨堂』も登場をしており、通常のお墓と同様に永代使用をすることが可能となっていますので、契約前にその『納骨堂』がどのような形態となっているのか確認をしておく方が良いでしょう。

このようにお墓と何ら変わりなく使用することが出来るのが『納骨堂』となります。お墓の新しい形として、お墓不足が深刻な都市部では注目をされている施設ですから、お墓探しで困っている人は是非、納骨堂も一つの選択肢としてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

2017年11月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

固定ページ

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし