remove_action('wp_head', 'feed_links', 2); remove_action('wp_head', 'feed_links_extra', 3); remove_action('wp_head', 'rsd_link'); remove_action('wp_head', 'wlwmanifest_link'); remove_action('wp_head', 'adjacent_posts_rel_link_wp_head'); remove_action('wp_head', 'wp_generator'); remove_action('wp_head', 'rel_canonical'); remove_action('wp_head', 'index_rel_link'); remove_action('wp_head', 'parent_post_rel_link', 10, 0); remove_action('wp_head', 'start_post_rel_link', 10, 0); remove_action('wp_head', 'wp_shortlink_wp_head'); remove_action('wp_head', 'wp_oembed_add_discovery_links'); remove_action('wp_head', 'rest_output_link_wp_head'); 墓地の多種多様な種類について - 墓地のマナーリスト 墓地の多種多様な種類について - 墓地のマナーリスト

墓地の多種多様な種類について

墓地とは人が亡くなった後にその遺骨を埋葬し、故人を供養するために建てられるものです。お墓は本人の死後は、一般的にはその子供が承継をし、お墓の管理をおこなっていきます。そして、その子供が亡くなった場合は、またその子供が管理をしていきます。このように、墓地というのは子々孫々まで永代にわたり、管理・供養をしていくものとなるのです。これらのお墓は一般的には『代々墓』と呼ばれています。この『代々墓』の墓石には、『山田家之墓』というような文字が刻まれているものが多くなり、先祖代々の霊を祀っているものなのです。これ以外にも墓地にはたくさんの種類のお墓が存在をします。まずは『個人墓』というものがあります。この『個人墓』には墓石に山田家之墓と刻むと同時に、個人の名前が刻まれています。以前は、この個人墓が墓石の主流ではありましたが、近年ではお墓の土地不足やお墓の購入費用の観点から減少をしてしまっているようです。

次に『寿陵墓』というものがあります。これは生前に建てられたお墓のことを指します。この『寿陵墓』は非常に徳の高いものであるとされていて、縁起が良いと言われています。また、生前にお墓を建てることは節税対策にもなるのです。墓地は相続財産とみなされませんので、相続税も掛かりませんし、不動産にも該当しませんので、固定資産税や不動産税を課されることもありません。民営の墓地ではかなりの割合でこの寿陵墓が存在をしています。そして『永代供養墓』というものもあります。この『永代供養墓』とは承継者が居ないような人が利用するもので、霊園や寺院が責任を持って承継者に代わり墓地の管理・供養をおこなってくれるというものです。さらに『比翼墓』というものもあります。この『比翼墓』は、夫婦二人で入るお墓のことを指します。また『両家墓』というものもあります。一つのお墓に夫婦両家が入る、若しくは一つの墓石に両家の家名を入れたお墓のことを指します。このお墓は、一人っ子同士の結婚が増加をしたことにより、近年需要が増えつつありますが、この両家墓を認可していない墓地もありますので、注意が必要となります。最後に『会社墓・団体墓』というものがあります。

このお墓は慰霊碑的な存在のもので、会社・団体に多大なる貢献をした人を祀るために建てられるものですので、実際に納骨をしていないものも多くあります。このようにお墓には故人の事情や供養の仕方によってたくさんの種類が有りますので、自分に最適なお墓を選択することも重要となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

固定ページ

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし