remove_action('wp_head', 'feed_links', 2); remove_action('wp_head', 'feed_links_extra', 3); remove_action('wp_head', 'rsd_link'); remove_action('wp_head', 'wlwmanifest_link'); remove_action('wp_head', 'adjacent_posts_rel_link_wp_head'); remove_action('wp_head', 'wp_generator'); remove_action('wp_head', 'rel_canonical'); remove_action('wp_head', 'index_rel_link'); remove_action('wp_head', 'parent_post_rel_link', 10, 0); remove_action('wp_head', 'start_post_rel_link', 10, 0); remove_action('wp_head', 'wp_shortlink_wp_head'); remove_action('wp_head', 'wp_oembed_add_discovery_links'); remove_action('wp_head', 'rest_output_link_wp_head'); 海外の墓地事情について - 墓地のマナーリスト 海外の墓地事情について - 墓地のマナーリスト

海外の墓地事情について

人が亡くなってしまった時には、その遺体はお墓に埋葬されることとなります。そしてそのお墓は、家族や知人などによって管理をされ、故人を悼み弔う場所となるのです。この儀式は万国共通のものとなり、墓地というシステムは各国で存在をしています。しかし、『お墓』というのはその国の民族の『死』に対する価値観を具現化しているものとなりますので、墓石の形であったり遺体の埋葬の方法は各々の民族で大きく異なってくるのです。それでは、各国のお墓事情は日本と比較をして、どのような相違が有るのでしょうか。まずはアメリカのお墓事情です。アメリカにおいては、故人の遺体は『メモリアルパーク』と呼ばれるとても広い敷地を持つ霊園に埋葬をされることが一般的となっています。以前は教会に設けられている『教会墓地』に遺体を埋葬をすることが慣例でしたが、都市の発展にしたがって墓地の不足や衛生面の問題が取沙汰されるようになったため、遺体の埋葬はメモリアルパークへ移行をしていったのです。

メモリアルパーク敷地内には芝生が敷き詰められており、墓石はその上に建てられることとなります。アメリカのお墓は日本のように家族墓ではなく個人墓が多くなります。埋葬方法は土葬が主流ですが、近年では火葬の割合も高くなってきています。次はヨーロッパのお墓事情です。ヨーロッパにおいては、アメリカと同様で、以前は教会に設けられている教会墓地に埋葬することが通例でしたが、現在では霊園への埋葬が一般的となっています。埋葬方法は土葬が主流となりますが、プロテスタントの国では火葬の割合も高まってきています。次に中国のお墓事情です。中国においては国策として火葬の推進をしていましたが、地方の農村部では未だに土葬を中心に埋葬がおこなわれています。また、中国政府は土地資源の節約のために『散骨』や『ネット墓地』を奨励をしています。次に韓国のお墓事情です。韓国においてはかつては土葬での埋葬が主流でしたが、近年では墓地不足や人々の意識の変化により火葬の割合が高まってきており、日本と同様の石造り墓地や樹木葬なども注目を浴びています。最後にイスラムの国々のお墓事情です。イスラムの国々においては、死者は再びよみがえると信じられているため、全て土葬により埋葬をされます。

このように国が違えばお墓の形や埋葬の方法は大きく異なってくるのです。しかし、死者を悼み、心を込めて供養をするという精神は万国共通のものとなるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

2017年10月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

固定ページ

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし