remove_action('wp_head', 'feed_links', 2); remove_action('wp_head', 'feed_links_extra', 3); remove_action('wp_head', 'rsd_link'); remove_action('wp_head', 'wlwmanifest_link'); remove_action('wp_head', 'adjacent_posts_rel_link_wp_head'); remove_action('wp_head', 'wp_generator'); remove_action('wp_head', 'rel_canonical'); remove_action('wp_head', 'index_rel_link'); remove_action('wp_head', 'parent_post_rel_link', 10, 0); remove_action('wp_head', 'start_post_rel_link', 10, 0); remove_action('wp_head', 'wp_shortlink_wp_head'); remove_action('wp_head', 'wp_oembed_add_discovery_links'); remove_action('wp_head', 'rest_output_link_wp_head'); 相続税対策にもなる墓地の準備 - 墓地のマナーリスト 相続税対策にもなる墓地の準備 - 墓地のマナーリスト

相続税対策にもなる墓地の準備

人が亡くなれば墓地に埋葬されることになります。現代では先祖代々のお墓に入らないという選択肢も増えてきています。特に地方から都会に出てきて、生活の拠点が移った人にとって、田舎の墓地に眠ることになるのは、残された人にとっても面倒と思われるからです。1年に1回程度、長い距離を移動してお墓参りに行くのは、費用的な負担もそうですが、精神的にも負担となってしまうからです。そういう場合は、生きている間に墓地を購入するのが何かといい面が多いのです。まずは自分の望んだ場所に眠ることができるということです。なくなったあとに景色が見えるかどうかは分かりませんが、やはり自然に恵まれたところでゆっくり眠りたいと考えるのが人情というものでしょう。さらにお墓参りにくるであろう残された人のためにもなります。やはり交通の便が悪いところでは足が遠のいてしまうでしょうし、その面でも気を遣ってあげたいところです。

そして墓地の設備にも気を配りたいところです。特につれあいが残された場合は、年齢がいっていることが予想されますので、バリアフリーのところがいいでしょう。さらに水の便がいいなどの条件も加味しておきたいところです。生前に墓地を求めておくことの有利さは、こういったロケーションだけの問題ではありません。実は相続税の対策にもなるのです。なくなったあとにお墓を建てる場合は、まず相続税を支払っておいてから、改めて購入することになります。お墓の値段というのは使う石の種類などによって、違ってきますが、それなりの負担が必要になります。しかし生前に買っておくと、それを相続させることができます。これはどれだけ高いお墓であったとしても相続税はかからないのです。生きている間に立てておけば、その費用を相続税から除外できるのと同じ効果となるわけです。自分の死後の世界は見ることはできませんが、ある程度想像をすることはできます。遺産の問題でもめていたり、お墓を巡って論争が繰り広げられている場面というのは、見たくないものです。そんなことにならないように、あらかじめ準備をしておくことが重要なのです。バブル期には非常に高騰したお墓の値段ですが、現在ではそれなりに落ち着きを取り戻しています。

まさに永久の住まいとなるものですから、夫婦で良く話し合って、どのように埋葬されるかを話し合うのもいいでしょう。この話し合いは人生の終末についてじっくり考えるいい機会にもなるに違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

固定ページ

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし