最新除法!オフィス賃貸in大阪

ホーム > 大阪のオフィス賃貸情報 > 大阪でオフィス賃貸を借りる場合に知っておきたいこと

大阪でオフィス賃貸を借りる場合に知っておきたいこと

 大阪でオフィス賃貸を利用するなら、最低限知っておきたいことがいくつかあります。
そのうちの一つが、法人の場合は法人契約をしなくてはならないことです。
個人契約は個人契約と異なる部分があります。
整登記簿を用意することです。
会社の登記されていることが必要になります。
それを証明するためには登記簿が必要になります。
次に会社概要が必要です。
会社概要とは、会社の資本金や設立年月日などが記載されているものです。
これを提出することにより、どのような経営状態なのかわかることも少なくありません。
後は、印鑑証明書も必要です。
これは、法人として印鑑が登録されていますので、その証拠として証明書を必要とする仕組みになります。
それ以外にも、場合によっては貸借対照表や損益計算書が要求されることもありますので事前に準備をしておくべきです。

 オフィスを大阪で借りる場合、どのような面に着目をしたらよいでしょうか。
まず、オフィスを専門的に扱っている不動産会社から選ぶことが重要になります。
不動産会社には、得意な物件とそうでない物件が存在しています。
せっかく賃貸オフィスを借りるならば、賃貸オフィスを専門的に扱っているところがベストです。
そこまでの不動産会社がなかったとしても、オフィスを専門的に扱っているところならば安心できます。
見学をする場合には、電力がどのようになっているかも注目しておくべきです。
この点は見落としがちな部分ですが、電力がしっかりしていないと電力制限がかかってしまい十分な仕事ができない可能性もあります。
特に昔の建物は、あまり電化製品などがなかった自体のものだとすればコンセントが少ないはずです。
あるいは電力そのものが十分に供給されていない可能性もあります。

 審査前には、オーナーと事前に打ち合わせをした方がよいです。
オーナーは基本的に、形式的な仕事をすることになりますが、昔のようにオーナーと仲良くなっておくと様々な情報を手に入れることが可能になります。
そしてオーナーとの人間関係をしっかりと結んでおけば、何かトラブルが発生した場合でも気軽にお願いをすることができます。
少なくとも、一切顔を知らない相手に比べると対応が速いことが考えられるでしょう。
やはりオーナーと雖も人の子になりますので、親密に接してくれる相手に対しては優先的に扱いたいと考える傾向があります。
もちろん、それを期待して行動するのは避けましょう。
そうはいっても、下心を持ちながら接するのはあまり得策とは言えません。
少なくとも、顔合わせをする目的だけで参加をする必要があります。

次の記事へ